助産院には魅力がいっぱい|安心してお産を迎えられる

看護師

自分のスタイルで選ぶ

医者

助産院とは助産師という国家試験に合格して、厚生労働大臣の許可を受けた女性が開業している施設になります。正常な分娩ならば医師の監督なしで出産を介助することができ、妊産婦や新生児の保健指導も行っています。助産院には妊産婦の指導や相談だけを行うところもあるし、分娩も取り扱っているところもあります。昔でいう産婆がいて、お産を助けるために妊娠経過の観察や、出産の解除、育児の指導を行っている場所のことです。病院との違いは医師がいないということです。原則として医療行為は行ってはいません。分娩を取り扱う場合は正常なお産だけということになります。病院と違って大変に自然に近い形で出産ができますので、自然分娩を行いたい人はこの助産院を訪れています。

現在の日本では助産院が関わる出産は、ごくわずかになっています。助産院での分娩は医療を必要としないお産に限られていて、この施設で出産したい人すべてが産める場所ではありません。リスクが少ない人が利用できる施設の選択肢の一つです。助産院と医療機関の違いは吸引分娩や、帝王切開を行わない点にあります。ですから緊急時に備えて嘱託医や、連携医療機関の確保が必要になってきます。助産院ではこれらの病院と連携を取っていますから、正常な分娩ならば安心して出産をすることができます。助産院では赤ちゃんと妊婦に異常が認められない限り処置はしません。法的にできない処置もあります。助産院で産もうとする人は体の管理に十分に気を付けてください。